日本スピードボール協会
HOME
HOME > News
News
Topics 2019
インターネットテレビ局「Abema TV」9/19(木)放送のAbema Primeに出演しました!
2019年9月19日、インターネットテレビ局「Abema TV」の生放送ニュース番組 Abema Prime (平日:21時~23時)のマイナースポーツ特集においてスピードボールを紹介していただき、本協会からは日本代表の岡林志菜選手、岡林大樹選手、須﨑陽也選手が出演いたしました。Abema TVはテレビ朝日とサイバーエージェント社が出資するインターネットテレビ局。コンテンツのウェブ配信化が進む現在、インターネット上での動画配信が大きな関心を集め、既存のテレビ局放送を補完したり、一部ではリードする役割を担っています。当会でも国内最大のインターネットテレビ局であるAbemaTVに出演させていただくことで、無料閲覧できる生放送+一定期間視聴出来るというこれまで以上にフレキシブルな紹介・告知活動につながりました。
今回出演したニュース番組の「Abema Prime」はネット上で誰もが無料で閲覧できる生放送番組ということで、当日9月19日に既出の選手3名がテレビ朝日本社内に集まり特設会場にて「特集:マイナースポーツ大運動会」の収録に臨みました。他のマイナースポーツ3種目とともにスピードボールを実演し、番組MCやコメンテーター、ゲスト出演者とともに滞りなく収録できました。関係各位のご協力・ご好意に対しまして厚く御礼申し上げます。


出演番組: Abema TV AbemaNewsチャンネル「Abema Prime」
生放送出演:9月19日(木) 21:00 〜 23:00
企画:AbemaPrime あす発売!iPhone11生登場/マイナースポーツ大運動会
チャンネル公式サイト https://news-prime.abema.tv/
Twitter公式 https://twitter.com/news_abematv

番組期間限定視聴URL
https://abema.tv/channels/abema-news/slots/BetC4rV6JTqFcT

レギュラー出演者:
MC ふかわりょう/アンカー 柴田阿弥/司会進行 平石直之/リポーター 青峰佑樹
曜日レギュラーコメンテーター:佐々木俊尚/若新雄純
ゲスト出演者:ティモンディ(高岸宏行/前田裕太)

日本スピードボール協会出演者:岡林志菜選手、岡林大樹選手
取材収録地:テレビ朝日本社(2019.9.19)

◆他に紹介されたスポーツ競技についいて
□スポーツスタッキング
一般社団法人WSSA-JAPAN
https://www.wssajapan.com/

□ウィッフルボール
日本ウィッフルボール協会(J.W.A)
https://j-w-a-aitell.jimdo.com/

□ポールスポーツ
日本ポールスポーツ協会
https://www.japanpolesports.org/

今回の収録で参加した全日本スピードボール選手権優勝者の3選手。
特設会場のイラストバックに懐かしい色のスタンドも描いてくれました。

カメリハやスペースのチェックでハンディカメラ・スタッフと打ち合う須﨑選手。
21時50分ごろから出演ですが19時ごろにはこのようなテストを繰り返して行います。
バッジも用意していただきました。取り付けを行う岡林志菜選手。
今回の大役は岡林大樹選手。MCとの対応・競技紹介・説明・ゲーム審判など案内役ということで、音声スタッフさんから専用のピンマイクを取り付けていただきます。

簡易的なランスルー(リハーサル)をこなす3選手。レポーター役の青峰佑樹さんもこのあとスピードボーを体験してくれました。とても上手でびっくりしました。

他のマイナー種目「スポーツスタッキング」のリハーサル風景。日本代表監督の澤田康徳さんと、澤田さんの奥様で日本代表の澤田怜美さん。
こちらは「ポールスポーツ」リハーサル風景。ダンス的なアート性に加えて、体幹・バランス・筋力を高度な次元で求められるスポーツ。日本代表ダブルスの竹本さんと森嶋さん。
いよいよ本番開始。スタジオから出演者の皆さんがマイナースポーツ特設会場へやってきました。既にスピードボールは二人の選手が軽く打ち合っている最中です。
さっそく体験でボールを打ってもらいます。MCから「やってみたい方は?」の声にティモンディの高岸さんが反応。高岸さんは甲子園常連校の済美高校でならした元高校球児で右の剛腕投手。
150km/hの速球が投げられるフィジカルに優れたお笑い芸人の高岸さん。完全に初見の初体験ですが、しっかりボールへコンタクトできています。お見事です。
岡林選手に対して「コントロールいいねぇ~!」「思いやる力が養われてる!」の唐突な掛け声に会場も笑いが起きます。
コンビの相方、ティモンディ前田さんも負けずに体験してもらうことに…。
前田さんも同じく高校野球の名門校・済美野球部出身。運動神経ではどこっいの二人組。
サウスポーの前田さん。やはり運動神経が良いので、初めてスピードボールのラケットを握ったのにいきなり上手にプレーします。さすが。
ここでテニス好きな平石アナが日本チャンピオン相手に果敢にチャレンジしてみたい?という企画で、3点先取の簡易ゲームをやることになりました。
日本女子チャンピオンから、まさかの得点獲得という展開に大はしゃぎ。
実は平石アナ、事前のリハーサル時間を利用してこっそり練習しての挑戦だったのです。
さらに得点を重ねて2-0と岡林志菜選手を相手に、ゲームをリードします。
しかし最後は実力が勝る岡林選手が3-2で逆転勝利。

テニスとの違いを説明する平石アナ。ボールの軌道や道具の違いに戸惑いながらも、それを十分に理解しながら対応したナイスプレーでした。

普段は相模原市内の小学校の休日学校開放を利用して練習していることも告知。

リポーターから二人の名前が一緒で同姓なことを聞かれて「実は…夫婦で…」と。
競技人口の少ないマイナースポーツの"あるある"です。

無事にスピードボール紹介のコーナーが終了しました。
続いて「スポーツスタッキング」という手技の速さを競う競技の紹介。
日本スポーツスタック協会の監督と代表選手である澤田夫妻が実演。
色のついたコップを、既定の形に積み上げたり元に戻したりするスピードを競います。
片手でそれぞれ協力して競う種目もあります。
次の種目で紹介されたのが「ウィッフルボール」。穴が開いたプラスチックでピッチングバッティングを楽しむスポーツです。アメリカでは子供はこのスポーツになれてから野球に進むとのこと。
スライダーやカーブなどプロの野球選手以上の変化球が繰り出されます。
下からのアンクルで手元の変化を見るとかなりの曲がり方です。
番組アンカーの柴田阿弥さんがバッティングに挑戦。
普及活動が本格的に始まったばかりのウィッフルボールを紹介する日本ウイッフルボール協会の五十嵐さんと飯島さん。
最後は「ポールスポーツ」の紹介。フィギュアスケートや新体操のように美と技の難易度を評価して得点を競います。
かなりアクロバティックな競技で、体幹バランス・筋力・柔軟性が必要です。
日本ポールスポーツ協会の日本代表、竹元さんと森嶋さん。
お二人ともダイエット等の目的で始めたとようですが、バランスと体幹とコツと筋力が必要。
柴田阿弥さんもポールを使って簡単な技に挑戦。上手にできていました。

以上、4種目のマイナースポーツを番組で体験する特集が無事終了しました。
みなさまお疲れさまでした。


□制作・著作 Abema TV  番組 Abema Prime

 

日本スピードボール協会  Japan Speedball Federatrion
〒277-0005 千葉県柏市柏269-1-217 TEL. 04-7132-8177 FAX.04-7132-8176
Email: i n f o @ s p e e d b a l l.j p
#217, 269-1, Kashiwa, kashiwa, Chiba, JAPAN
Copyright © Japan Speedball Federation, All rights reserved.